2011年02月18日

トライと挑戦について

先日、@yukianzaiさんとお話しして
一番印象的だったのが,「トライ」って言葉を久々に聞いたこと。
「イベントでトライするものがなければ、つまらないよ」って
言っていたんだけど、
そのとき「あれ、俺トライしてるっけ?」って思ったんだよね。

無意識にトライしているのかもしれないけど、
トライするぜー!って言ってトライしたことは最近ないかもしれない。

しかも彼の言う「トライ」っていうのは、なんだか
楽しさを帯びた言葉で、
よく言われる「挑戦」とか「チャレンジ」とか
少し悲壮感というか使命感というか、
そういう重々しいニュアンスがないところが素敵だった。

挑戦を本当に楽しんで、トライという言葉を使っている感じ。


----------------
じゃあなぜトライしていないのかって言うと、
ある程度の一線で満足しているからだと思った。
僕は中途半端なところで、満足してしまうきらいがある。
ちょっと面白そうなことをやったからと言って,
それ以上を目指さない。
「特殊」は目指すが「究極」は目指していない。

そういうもんじゃねーんですよ、
僕が心底憧れているものは。
----------------

この間、@Tkeijiro
飲んで軸の話をした。

以下、引用
軸には
絶対的な軸と相対的な軸
の2種類がある

2つを一言で表すと

絶対的な軸を持っている人は、外の環境に左右されない
相対的な軸を持っている人は、外の環境に左右される

もちろん全ての人が完全にどちらかに分類されるわけじゃない
引用終わり

僕は相対的な軸を持っている。
絶対的な軸、つまり信念を持っている人に憧れる節がある。
孫さんや今村さん、先輩、友人。

とてもかっこいいと思う。
目指すものがあって、とても素敵。
「俺はこれで生きていく」という人間がとてもカッコいい。

でも僕は軸はないし、特にやりたいこともない。
成し遂げたい事、ぴんとこない。
どちらかが良い悪いの話ではないけれど、
僕はこんな自分に嫌悪感を抱いていて、
常に自信を持てないでいる。

強烈に思う。
僕もそっち側に行きたい。

posted by Hama at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。