2011年01月15日

普通ってことについて

skmtsの件で株式会社デジタルステージのことを知った。

http://www.digitalstage.jp/about/index.html

-----------------
◆会社概要、冒頭部分
自分たちの生活を考える。
自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、
フィジカルに感じられる何かをデザインすること。
とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこそが、私たちの考えるデジタルデザインです。
デザイナーの考えるひとつひとつの未来。
デジタルステージは、デザイナーズブランドのソフトウェアをリリースしていきます。
はじめまして、わたしたちはデジタルステージです。
-----------------

なんかこの文章を読んだとき、
ふと、どういう状況であれ、
ぼくはクリエイターやデザイナーとかモノ作りをする人と
仕事することになるんだろうなって思った。

なんでだろうね。
まぁきっとどの人も、仕事するんだろうけど。

だから今やってるプロジェクト(http://tsukuba.brandingcrews.jp/2011/01/tsukuba-conference-2011.html)で
デザイナーやクリエイターの卵と一緒に仕事できている事は、光栄な事なんだろう。

彼らはクリエイティブをものすごく大切にする。
僕にはその感覚がないから、その点の配慮に欠ける事が多い。
このへんの付き合い方もここで学んでおきたいな。

-----------------

あとこの代表の平野さんが書いている本のレビューにも目を通した。

◆レビュー
著者の平野さんが代表を務める、デジタルステージという会社のソフトがなぜ優れているか、
そして、ユーザーに支持されているかがわかる本です。

それは、平野さんが「めちゃくちゃ普通の感覚の人」だからこそ、いいモノを作り続けることができているのです。
ソフトを作っている時点でかなり世間とズレている。そのズレを自覚できている人なのです。
(他との比較では、自覚できていないのがPS3、自覚できているのがWiiとも言えます)
昔、ラジオパーソナリティーでパソコン電話相談番組をやっていたとき、
番組後にすべての問い合わせに対して平野さんは折り返し電話をして答えていたといいます。
オンエア中に解決できない問題があった場合には、なんと翌日以降に、
平野さんがその人の自宅まで自腹で行って、直接パソコンを修理したりしていたそうです。
平野さんはこの経験を
「絶対に普通は手にすることができない掛けがえのない財産を手に入れました」
と表現しています。

こうした感性と経験に裏打ちされて、
ユーザー志向のモノづくり、ユーザーとともに成長していきたいというデジステの考え方に
つながっているんだなあ、といたく共感しました。

引用:http://www.amazon.co.jp/dp/4756149979/ref=sr_1_2/tag=digitalstage-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211



これを読んで、この本を即買いした。笑
もっとこの平野さんについて知りたくなったからかな。

-------------------------


前は普通に染まりたくないと思っていた。
普通の人間になんてなりたくないと思っていた。

けれど、普通の人間だからこそわかる感覚もある。
普通の人間が伝える事だからこそ、伝わる事もある。


村上春樹のインタビューでの言葉を引用して今日のブログは終わり。

 自分に関する記述は読みません。落ち着かなくなりますから。
 インターネットではたしか、僕の名前が350万件ヒットするんです。
 これは信じられないと同時に、馬鹿らしい話です。
 ぼくは基本的には、自分の事をごく普通の人間だと考えているので、
 ぼくに関する情報もかなり退屈だろうと思っています。
 物を書いているときのぼくは特別かもしれないけど、物を書いていないときのぼくは、
 東京で暮らすどこにでもいる人間です。
 電車に乗ったり、本屋に行ったりしても、誰もぼくに気づきません。
 オーラがないんです。


一点だけ、普通じゃない部分を持っていれば、
それでいいかな、と思うようになった。
posted by Hama at 12:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めんどうな出会いの手順を省いた、まったく新しい即逢いが叶う噂の出会い掲示板はコチラから!最先端のネットワークコミュニティで即逢いできるお相手を地域、目的、年代別で探せるんです!
Posted by 即逢い at 2011年05月09日 05:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。