2010年07月02日

ケニアと東大生と、僕。

今日はちょっと真面目な日記。


今日、Twitterを何気なく見ていたら、
こんな文章が流れてきた。

────────────────────────────────
【RT希望】ケニアで活動する協力隊の女性(@save_brianogutu)が、
ケニアで医療支援プロジェクトを立ち上げてます。
共感された方は是非協力して欲しいです!一口1000円から!http://bit.ly/aejUbV
────────────────────────────────

医療支援ぷろじぇくと?と思いながら、
RTしたわけだけど、
なんとなくHPにアクセスしてみた。

簡単にHPの概要を書くと、
心臓の病を患ったケニアの少年を救うプロジェクトらしい。
彼は、非常に優秀で将来医者を目指しているらしい。

────未来を築いていく若い可能性を伸ばすために
      治療費の50万円を集めるプロジェクト────


うーん。

なんか人ごとに思えないんだよね、これ。
なぜか、考えてみた。


それはやっぱり、この少年に自分を重ねているかもしれないと思った。
中3から追いかけた医者の道を目指していた自分と。


僕は中三の時に先生の学級本棚で見つけた
一冊の本に出会ってから、
高3まで医者を目指していた。
けど、経済的事情と学力的事情を理由に夢を諦めた。

そのときは真っ当な理由だと思っていたけど、
今思えば「逃げ」でしかない。
諦めずに挑戦し続ければ
きっと夢は叶うのに。

あまりにも高い壁を前にして言葉だけ残して
逃げた僕はくそったれ野郎だ。


しかし、だからこそ。


優秀で志もある彼が、
病で死ぬことを見過ごすことができないでいる。
だって、金もあり時間もあった俺が諦めた夢を
死にそうになってるわずか15歳の彼が成し遂げんとしているのに。


この彼を救うことで、
諦めた自分を少しでもまともに見れるようになれる気がする。
わからん、また「言葉」で終わるかもしれないけど。



そこに少しでも僕なんかが力になれるのなら、
全力で支援する。
まだ44万しか集まってないけど、目標の治療費50万集める。

7月は思いっきり、進路について考えるつもりだったけど、やめ。
今、真に必要なことに本気で取り組むことにした。


とりあえず、さっき、まだ一度も会ったことのない東大生と
飲み会を開いて、少しその飲み代から寄付を捻出するプロジェクトをたてた。


まだどうなるかわからんけど、
もし協力してもらえるなら協力してほしいなって思います。

1口1000円で、一人の青年の命が救えて、
更にたくさんの命を救える。
そう思ったら、普段コンビニに消える1000円も少しは役立つと思いません?


■ケニアの海外ボランティア間中里紗が
  病気と闘うBrian君のために医療費支援をするサイト
http://www.save-brianogutu-project.com/#aboutbrian


いじょうー。にゃむ。
他に寄付集める方法ないかにゃー。
posted by Hama at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。