2010年06月28日

それはそれは、涙が出てきそうなほどに。

就職活動について。

あんまり書く気がしなかったのだけど、
暗にそれっぽいこと書いているので
就職活動に関してのまとめ。


えっと、その前に僕の話を。
僕は1月から就職活動を本格的に始めて、
もうすぐ7月、でもまだ進路が決まっていません。
(紆余曲折ありましたが、前述した気がするので省)

普通の感覚でいえば、
もうほとんどの企業では採用活動が終わっていて、
就職浪人か?ってささやかれるくらいのレベル。

いちお、今は休憩というか、
見つめなおす時間というか。
また再開するのかな。今のところ、わからないけど。



そんな僕です。
なので、あまり参考にならないかと思われ(笑)
でも自分自身、こんなことを思ってたんだと振り返りになるので
雑記ですが書くとします。

といっても、感謝の言葉を書くだけ。
だって、見ての通り成功してないし。笑
失敗から学ぶことも多いじゃんってのはなしで。
やっぱり成功例から学ぶことも多いですよってことで。



僕は当初予想していた就職活動のレールから
大きく外れたレールの上を歩いています。

3月に一足早く終わる予定だった就活。
4月からは新しくプロジェクトに着手して、
充実した日々を過ごす、はずでした。

早く第一志望に決まることこそが、
勝ち組の証だったと思っていました。

でも僕はアホなので、
面接でも嘘をつけなくて、
辞退しちゃったり
勝手に休憩しちゃったり
諸々と好機を無駄にしまくってる始末。

おかげで今の時期。


周りが続々と決まっていく中で、
「俺、、、どうなるんだろ」と不安になる。

毎晩、これから進もうとしている道のことで飛び起きる。
それは思わず体調を崩してしまうほどのストレス。


でも元気。

必死に前を向いて悩んで苦しんでいられる。

それは周りに友達がいるから。
それは年齢も、男も女も超越した僕にとっての大切な人たち。

君らのことを詳細に紹介したいけど、
なんだかとても恥ずかしい気持なのでこちらも割愛。

今、いろんな人の何気ない言葉が頭の中で反芻しているけど、
みなさんの存在は僕にとってものすごく大きい。
それはそれは、涙が出てきそうなほどに。


ほんと、感謝しています。ありがとうです。




見直すと恥ずかしさで
後で消したくなりそうな日記だな。(笑)


よし、やる気出た。
おやすみ。
posted by Hama at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親の願う幸せと、子の願う幸せ

親の願う幸せと、子の願う幸せは異なる。

それを感じる日々を過ごしている。




親はきっと、子が普通の生活を送り、
普通の人生を歩むことを望むだろう。
それは僕も親になれば同様のことを考えるに違いない。


でも子は望んでいない。
子は、人と違う人生を歩みたいと思っている。
苦難の先にある、血が滾るような日々を心から欲している。

それは表面上は誰かのためである。
世界のため、日本のため、隣にいる誰かのため。
しかし結局は誰かのために
何かしている感じになりたい、「自分のため」なのだ。

他人と比較することで
自らの存在価値が規定されるように、
一般的にリスクを避けたがる生き方に背いた生き方を望む。





何が妥当か、わかっている。
世を生きるには、何をすれば喜ばれるかも。

しかし、これはどうしようもない本能の選択なのだ。
後悔するのはわかっている。
だが、やらない後悔のほうがやりきれないこともわかっている。


人生が2回あるなら、
言うとおりにする。
だけど、1回しかない。
だから好きなようにさせてほしい。




心は8割決まってる。
あとは相手の気持ちを理解してくみ取った上での
決断にしないといけない。

その決意、今度こそ曲げてはならない。
もうやり直しはきかない。その覚悟で。






posted by Hama at 02:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

【自戒】父の日にあたって再決意。

お父さんへ

今日は父の日だそうで、
お母さんから連絡しなさいよ〜と何度も
電話が来るので連絡します。(笑)

さて、この間の帰省の際はお世話になりました。

諸々報告していなかったせいで、
驚かせてしまったかもしれないけど、
あのときの俺の気持ちは中途半端なものではありませんでした。

でも名古屋への移住の真相を聞かされたときは、
「なぜ教えてくれなかったのか」という責め立てたい気持ちと
「教えてくれて良かった、ありがとう」という安堵と
感謝の気持ちが入り混じっていました。


もちろん、今は感謝してます。
起業する選択肢を取るというリスクを
あのとき知ったし、
家族がどんな想いで拓巳という人間を
育ててきたかということを知れたから。

ちなみに。

これから就職して、
社会で生活していくわけだけど、
一番忘れたくない精神があります。

それは「拓」っていう精神。
俺はこの名前が好きで、
切り拓いていくっていうことが生涯の役割だと思っています。
それは兄弟のためであったり、
他の誰かのためであったりいろいろなんだけど。

新しいことに挑戦して、
後々の人のために挑戦しやすい道を創ることが役目。
だからこそ、自分自身が常に
新しいことを考えている必要があると思います。

でも今回の話し合いを通じて、
切り拓くにも発生するリスクを自分で取れないなら
駄目ってことがわかりました。
それは無謀で他人に迷惑をかけているっていうことで。

だからまずは、この名前に恥じないよう
力をつけて切り拓けるようになる。
そこからかな、と思うですよ。


まぁ、頑張ります。
まだまだ甘ちゃんですが、
暖かく見守ってくださると助かります。

とりあえず今日は父の日ということで。
いつもありがとう。


/拓巳
posted by Hama at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。