2009年09月18日

公職選挙法について勉強会!

イベント広報。
僕も参加予定です。

お暇な方、ぜひご参加ください。

*名称:公職選挙法の改正を考える勉強会"若者の政治参加を促すために"
*主催:
・特定非営利活動法人ドットジェイピー
・一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)
・株式会社オルタナ
・株式会社フォーナイン・ストラテジーズ
*後援
・構想日本
・学生団体ivote(アイ・ヴォート)
*日時:9月26日(土)17:15開場/17:30開演〜19:30
*場所:ちよだプラットフォームスクェア(東西線竹橋駅下車5分)
 千代田区神田錦町3‐21TEL:03-3233-1511
 http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
*参加:無料(申し込み先着50名で締め切ります)
*申込方法
 このメールを転送する形で・所属団体(学校)/・氏名を加筆して
 manager@blog-headline.jp へメールでご予約ください。

*内容
1)レクチャー(17:35〜18:30)
=新人弁護士ミキベンの「公職選挙法と、わたし。」=
ブログURL:http://ameblo.jp/koushokusenkyohou/
・松本 美紀氏(ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所)
・北島 優子氏(ドットジェイピー事務局次長)
2)ツイッター談義(18:30〜19:00)
=2009衆院選ネット選挙運動の総括=
・津田 大介氏(MIAU代表理事)
・森 摂氏(オルタナ編集長)
・江口 晋太朗氏(social designers drinks発起人:駒澤大学3年)
・原田 謙介氏(ivote代表)
※ツイッター議員と交信できないか調整しています。
3)意見交換/質疑応答(19:00〜19:20)
4)閉会の挨拶(19:20〜19:30)
・伊藤 伸氏(構想日本政策担当ディレクター)

以上です。

そろそろ切り替えて仕事始めますー。
posted by Hama at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定額給付金

定額給付金をもらいに行ってきた。
9月24日にはもらえなくなるとのことで急きょ、
友達にお願いし市役所へ。

ただ住んでいるだけでもらうなんて変な話。

この12,000円は寿司と請求書と交通費で消えました、と。

-----

最近、大学辞めようかなと思った。
今に始まったことではないのだけどね。

…。

一年前から大学外の人と関わる機会が多くなって、
いろんな人から得る刺激に夢中になった。

楽しくて、面白くて、
自分の求めている場所が
「ドットジェイピー」のような場所だったと気づいて、
なおさら面白みが増した。

ドットジェイピーに関わりだして、
大学に来て初めて本気で「楽しい」と思えるようになった。

そういうこともあって、
前よりさらに大学には行かなくなったし、
授業も勉強になりそうなものは取らなくなり、
楽に単位がきそうなものをチョイスするようになった。

だんだん、大学から僕は離れていった。



そして大学3年。

気づいたら「研究室」や「サークル」とか
そういった言葉が僕にとって珍しくなっていることに気づいた。
自己紹介の時に
「僕は筑波大学に所属しています」という自分に驚いて
そういえば筑波大学だったんだな、と気づく。


なんか、こんなんで筑波大学の学生として
名乗って良いのか、と思う。
なぜなら、僕の中では18〜20歳までの間、
筑波大学に籍を置いていたのではなくて、
ドットジェイピーに籍を置いていたという認識だからだ。

僕の専攻である農業経済にはほとんど興味がないし、
「大学時代何を学んできましたか」と聞かれれば
「筑波大学からは何も学んできませんでしたし、
 学ぼうと思いませんでした」と言うと思う。

世の中には大学を中退する人もたくさんいるし、
休学して旅に出たり、
新しく事業を立ち上げたりする人もいる。

だから別にここで大学を中退しても
学歴的にはなんら問題はないと僕は思っている。
大事なのはどこの大学を出たかより、
何を感じてきたか、だと思うから。


じゃあなんで、ここまで考えがあるのに辞めないのか、というと
二つ理由があると考えた。


一つは単純に精神的な弱さがあるからだと思う。

■大学生としての肩書があるから失敗しても許される。
■大学を辞めるのに手続きが面倒。
■家を引き払うのが面倒。
■友達へ説明するのが面倒。
■環境の変化に適応するのが面倒。

そう自分が思っているとは考えたくないけど、
心の底ではきっとそう思ってるんだ。
こういう理由があるってことは、
それほど辞めたいと考えていないんだと思う。
それくらいの想いなんだ、きっと。


二つ目は親との約束があるから。

■どんな成績でも構わないから
 大学を4年間で卒業すること。

血判を押して誓ったわけではないけど、
サラっと言った親父のこの言葉がずっと頭に残っている。

きっとこの言葉にはそこまで、
深い意味はないんだろうけど、
親父や母親が願うならやっぱり従うべきだと思う。

以上、二つの理由かな。




これから、僕はもっと大学から離れていく。

更に「筑波大学の学生」という肩書から違和感を感じていく。

でも、それで良いのだと思う。


僕は筑波大学にいようが、
ドットジェイピーのスタッフでいようが、
どこにいようが、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
限りなく高い理想の自分を目指し、
限りなく高いプレーを追求し、
自ら成長や変革の機会をつかみにいく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この理念を追求するのみ。


以上、長くなりましたが、ふと思ったので。
posted by Hama at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。